参院選で改めて思ったこと

民主党が支持されたわけじゃないって話も出てるみたいだけどこれは俺も思う。棄権するより民主党に託した方がマシとかそのぐらいが民意なんじゃないかと。それを支持と言うなら支持なわけだけどね。それから年金問題は自民党のせいだとも思えない。民主党が与党だったとしても同じような問題が起こっていたと思う。そもそも年金問題を非難している野党の気持ちがわからない。同じ政治家なのに見過ごしてきたって点では一緒な気がするんだけど違うのか。

他にも無駄をなくすと言っておきながら自民党は全く出来ていない。これからも出来そうな気がしない。何してんだよって思う。でも抵抗勢力って公的機関のそこかしこに存在していてそこを切り崩すのは政党がどこであれ大変な事なんだろう。かと言って抵抗勢力がいない場所で既にある予算を削るって相当シンドイ。以前に財務大臣になって予算をつくろう!ってのをやってみて不可能な気がしたのを思い出す。どうやりくりしても国民やメディアから非難される構図しか浮かばない。

抵抗勢力に切り込めない政治家を創り出しているのは国民だ。政治家達が自信を持って無駄遣い機関へと切り込んで行くにはバックアップが必要なわけで投票しないで文句だけ言ってるだけじゃ不満は一向に解決しない。だいたい政治家に文句しか言ってない人って日本国民全体が幸せになる政策があるとでも思ってんのかよっていう。

まずは信じること。信じて裏切られる可能性もある。しかし悪循環を断ち切るには誰かが犠牲になる必要があるわけで既に国民は犠牲になっている。同じ犠牲になるのであれば良い将来を築く為の犠牲になった方が気分的に良いわけでそういった痛みを伴う改革をもっと支持しないといけないんだと思う。

今のところ自民でも民主でもいいから頑張って欲しいと思ってるけど消費税据え置きって案は心配だ。安易に増税して欲しくはないけど無駄遣いを無くせなかったら予算は不足するわけでそれを国債で賄うのであれば問題の先送りでしかない。だったら消費税アップしてアップしなければいけない無駄遣いに国民の目を向けた方が将来的には良いような気もする。一方で一度プールした予算を削る事は難しいからやっぱり増税しないで頑張るしか無いのかとも思うわけなんだけど。