読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まずい二人

レビュー BOOK

気まずい二人

気まずい二人

三谷幸喜の対談集。本人が「会ってガッカリさせることが多い」と自ら言っているようにリアルタイムな会話で面白い事がぽんぽん言えるタイプではなく作りこんで面白い作品を産み出せるタイプのようであんまり面白くない。大好きな脚本家なんで期待が過剰になっているせいだとは思うけどね!

とは言え桃井かおりとの古畑エピソードは面白かった。自分の男を寝取った若い女を桃井が「痛い?」と聞きながら何度も殴るとか桃井らしい一直線な憎しみのぶつけ方というかそこで「痛い?」なんて聞かねーだろ怖いよ!と思うんだけれどそういう女優なんだよなあ。アリバイ作りの為に局内を全力疾走するシーンも指示した奴すげーなあと思ってたら三谷自身も思っていたらしく質問してた。そしたら桃井って実は元陸上部で走るのが好きだとか。無理かなーと思ってもチャレンジしてみる意義ってあるなあと思った。

あと当時15歳の安達祐実とも対談してるんだけどそこで出て来た話自分のフルネームを逆さ読みするって話が面白かった。若い子は出来ないらしいよ!俺なんてヨユーで言えたんだけど!小学生ぐらいの時に凝った気がするんだけど現代っ子はそんなくだらない事ってしないのかね?地域性な気もするので若い子に会ったらこのお題をガンガン浴びせようと思いました!キャバクラぐらいしか若い子と知り合う機会がないので10年越しの目標ですね。