読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うろくさんと麻雀して右6出そうぜ会

お店 オフ 麻雀

おそらく最初に池袋駅に着いたであろうにのんびりお茶してたら本に読みいってしまい気づいたら待ち合わせ時刻でした。遅刻してすいません。前回同様パラディーにて。結果から先に。

  crowdeer Gokna nuffy legnum
1 -22 +35 +54 -67
2 -11 +14 +57 -60
3 -64 +27 -16 +53
4 +5 +57 -20 -42
5 +15 -23 -38 +46
6 -48 -20 +68 0
total -125 +90 +105 -70

例によって他人の捨て牌なんて大して見ずに*1好き勝手やったわけですが前回はやっぱりたまたまだったか!

1回目

・始まるやいなや振込みまくる俺。
・誇張と見せかけて本当にヒドかった。
・確かに安全牌ではないんだけど2択で選んだ牌がことごとく当たり牌。
・crowdeerさんとGoknaさんからダブロンを食らう。
・結局Goknaさんに飛ばされて終了。
・nuffyさんとGoknaさんが同点首位という珍しい結果となり点数表がえらい汚くなる。
・細かく説明すると
・Goknaさんが俺から満貫(8000点)アガる。
・トップのnuffyさんをまくったか?
・8400点差だけど2本場だから8600点で200点上回るっしょ?
・待ちたまえ!2本場って事はnuffyさんの100点棒が場に2本出てるわけだ!
・その200点をしまってみると・・・これは・・・!
・同点だーーーーーーッ!
・実際はこんなに盛り上がってません。
・「めずらしいね」「うん珍しいね」程度。
・俺的にはもっとこうグッとなんか・・・まぁいいんですけど・・・。

2回目

・次の半荘も結局俺がGoknaさんに飛ばされる。
・順位も同じ。
・うろくさんが右6出さない。
・ていうかドラ表示牌に赤牌使い過ぎじゃね?
・またかーもったいないー。

3回目

・俺のターン。起家でいきなり親跳。
・スタートダッシュが功を奏してトップで逃げ切り。
・というか途中で今度はcrowdeerさんが飛ばされてた。
・トドメを刺したのはGoknaさん。
・3回連続飛ばし賞って壊し屋か!
・死神か!

4回目

ずっと俺のターン!と思いきや逆俺のターンでビリでした。
・気づいたけどGoknaさんに振り込んだら必ずビリになってる。
・やっぱり死神か!
・nuffyさんが雀荘内の熱気にやられておとなしくなる。
・口数も上がり回数も減ってた。


・ドラは恋人と思え。
・それが恋人に対する仕打ちか?
・もうダメだな・・・と別れてみるも間髪入れずに復縁を迫られる巻。
・お前とは終わったんだ!しつこいぞ!

5回目

・つーかGoknaさんマイナス無くね?
・ここまでまだ一度もトップを取っていないのはcrowdeerさん。
・あーなんか流れ的にトップ取りそうかなー?
・と思いきや空気の読めない男legnumがトップをかっさらう。

6回目

・まず俺が死に掛ける。
・ついに来たcrowdeerのターン!
・と思いきやnuffyさん急追!
・Goknaさんも死に掛ける。
・俺とnuffyさんからダブロン食らってた。
・トップ争い nuffy VS crowdeer
・Goknaとlegnumは会話を楽しみながら麻雀。
・二人とも点数少なくてトップ争いに絡めません。
・と見せかけてこっそりcrowdeerさんを引き摺り下ろす俺。
・タイマンの最中に第三者が後ろから鈍器で殴った感じ。
・俺少し生き返る。
・nuffyさん独走態勢。
・雀荘の店員さんが換気扇回してくれて涼しくなりました。
・熱に弱いnuffy。
・高性能なファンがあれば絶好調です。
・CPUスペックの高いサーバーか!
・nuffy「女の子に(換気扇を)"まわして"って言って欲しかった」
・legnum「荷物とかをここに"おかして?"って言って欲しいみたいな」
・nuffy「うわあ変態だー」
・legnum「ちょwww」
・そこからずっとnuffyのターン。
・途中他の3人を全員飛ばすんじゃね?ぐらいの勢いでした。

前回より1時間ぐらい長いだけだけど半荘2回多いね。そんなに打つ速さが違ったとは思えないのになぜだろうーと思ったら俺が2回飛んでるからじゃねえか!みんなもっと主催者に優しくしろ!半荘2回やって2回飛ばされて席替えーってなったのに席決めしたら結局同じ席だったんだけどみんなから本気で心配された時は泣きそうになりましたけど楽しかったです!

※おまけ

俺から見た場。上家:nuffyさん、対面:Goknaさん、下家:crowdeerさん(なかまはずれ)

*1:一応捨て牌を見て悩んだりするけど結局突っ張るから本質的には見てないって事ですよね最近気づきました