読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT業界で親指シフト使ってる人ちょっと来い

親指シフトについてブクマコメントから辿って行ったら似た考えの人がいた。

IT業界ほど入力方法にこだわっても無駄という話(@Screw Pile Driver)
http://d.hatena.ne.jp/Vr6ubqg/20080209/p1
勝手なソフトのインストールが禁止、入力デバイスの持ち込みも禁止の状態では、親指シフトを覚えてもどんなにATOKが素晴らしかったとしても無駄なんだなぁ、と思った。MS-IMEとフツーのキーボードに自分を最適化させた方が効率よかったりして。

親指シフトにせっかく慣れて生産性が上がったとしても発揮出来ない場所があるなんて嫌だ!とは俺も思います。まあぶっちゃけ俺の場合いざって時は客先であろうと制約とかひっくり返すぐらいの勢いがあるんで言い訳にしてるだけなんですけどね。客先すら俺色に染める傲慢男だぜ!ってボケて思ったけど結婚とか同棲してる人はどうしてんのかな?夫婦ともども親指シフト?その辺りにもカギがありそうな。

仮に制約がひっくり返せなかったとしても客先ではローマ字、自PCでは親指シフトとすれば良いだけなのかな。どっちかに統一した方が効率良さそうだけど経験者は両刀使いになってるケースがほとんどな気がしてきた。制約のあるなし比率も関係してくるのか。客先での仕事が1割なら大した影響じゃないもんな。今んとこ3割ぐらいかな。

それからプログラミングって日本語をあまり使わないけれどその点はどうなのかな。プログラマーはDvorak配列とか?あー、これも比率か。文書を書いている時間が多ければ多いほどメリットは大きそうだ。かなとアルファベットの比率か。自分の場合だと仕事では仕様書とか報告書とかあんまり作らない*1けどそれでも半々なイメージ。プライベートでは多言語操れないし圧倒的に日本語だよなー。この点でもデメリットよりメリットの方が多そう。

こうやって引っかかってる点を洗い出してみると日本語がメインな生活してる時点でメリットの方が多そうなので要は単に億劫なだけじゃねーかって結論になりますね。ちょっとやってみよっかな。とりあえず親指ひゅんQをインスコすればいいのかな?

*1:始末書はよく書く