読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公園のはなし

昨日Twitterでタイムラインが寂しさに溢れていたので元気が出る話をひとつ、って事でだらだらとTwitter1ページ分ぐらい話したものをまとめといた。

legnum 去年の夏だったと思うんだけど客先行く途中に時間余ったんだよね
legnum じゃ時間調整でもするかって公園のベンチに座ったんだ
legnum 公園には幼稚園児かなー小学生ではないからたぶんそう
legnum ちっさい男の子たちが キャッキャウフフ と遊んでた。あ、夏休みだったかもな
legnum でも 1 人だけ輪から離れてぽつーんな子がいてな
legnum おいおいみんな仲良くだよう、なんて思いながら見てた
legnum そしたらそのポツン君がおもむろに歩き出して水道に辿り着いた
legnum 俺ぴーんと来たね。これは水を飲むに違いないって
legnum ビンゴ!背伸びしながらあの噴水みたい水飲み用の蛇口捻り始めた
legnum でもポツン君まだ幼児。加減がわからずビクビクしてる
legnum ここでまた俺ピーンと来たね。顔面シャワーフラグだなって
legnum そしたら案の定、水がプシャーって出たの
legnum けれどポツン君、信じられない速さで避けたッ!
legnum お見事!ポーツーン!ポーツーン!湧き上がる歓声
legnum けれど、残念な事にポツン君は重力をしらなかったのです
legnum 水は弧を描いてポツン君の後頭部にびしゃびしゃびしゃーて直撃した
legnum ポツン君めっさ泣いてた
legnum おしまい

書き写してて気づいたけどこれ元気出る話じゃないな!オチというかラストシーンが抜けてる。実際は泣いてたポツン君に気づいたママたちがわさわさと駆けつけ、走り回っていた友達も全員駆けつけたのだ。ポツン君は輪に囲まれながら泣いていたが最終的には「えぐっえぐっ・・・えへへ」みたいな顔をしていて俺も自然と笑みがこぼれました。相当キモイ笑顔だったと思う。