読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株主優待のはなし

経済

前から少し書こうと思ってたところに優待の会話が少し出たので書く。

利上げしてもなお低金利

サブプライム問題で日経平均が急激に下落してる最近ですがそれでも金利は低いわけで預金より株の方が良いような気がする。もちろん日々の株価変動に一喜一憂してしまうのであれば精神的負担がリターンを大きく上回ってしまうのでそういう人にはオススメ出来ない。そもそも投資教育がほとんど行われていない国なので無理をする必要はない。「日本は資産運用に後ろ向きだ」なんて言い方する人もいますが金融リテラシーが低い状態で資産運用に手を出すのは愚の骨頂なわけで逆に猫も杓子も株カブKABU!な現代中国の方が怖い。むしろビビってる日本人の方が結果的に金融リテラシーが高いって結果になってるよね。現時点だと。

というわけで株に手を出すのは辞めた方がいいと思います!おしまい!いやもう少し書こう。

預金するなら株を買っちゃえ

銀行に預けたまま全く手をつけてないお金ありますか?無いって人は読む必要ないです。ある人だけが対象。よく株は余裕資金でやれ、と言いますがその通りです。株で資産を増やす方法はキャピタルゲインインカムゲインがあります。前者は買った時より株価が上がった時に売って利益を得る方法。それに対して後者は配当や優待で利益を得る方法です。どちらを選んでも良いのですが後者の方がカンタンなのでオススメ。だって株を買うだけですもの。銀行に預けたつもりで証券会社にお金を入れて好きな銘柄をクリックするだけ。これで銀行以上の利息がつく。日々の株価なんて見る必要が無い。うひょー!バラ色!

株価が下がったらどうするんだ!

ごもっとも。でも下がったら売らなければいいだけ。買った時よりも低い価格で売った時に初めて損失が出る。という事は売らない限り損しないとも言える。もともと全く手をつけてないんだから可能なはず。日経平均8,000円だった頃から50年も経ってないけど騰がったから放置しとけば死ぬまでには戻すんじゃね?(ちょうなげやり)

株を買って放置するほど余裕資金ないよ!

例えばトヨタ自動車なんかは最低でも50万前後が必要。任天堂に至っては500万超が必要!になるけれど高い株ばかりではありません。もっと少ない金額で買えちゃう銘柄だってある。例えばNTTドコモは今なら15万ぐらいです。配当は4,000円〜4,800円なので16万で買っても年利2.5%〜3.0%です。ケータイ市場は飽和状態なので株価が急激に上がる可能性は低いですが配当狙いであれば銀行より明らかにお得

いや15万すら無いから!

ではゼンショーなんかはどうでしょう?すき家・ココス・ウェンディーズなか卯を手がけてる会社です。この会社の株価は6万ちょっとです。配当は1100円〜1400円なので7万で買ったとしても年利1.6%〜2.0%になります。しかもゼンショーは株主優待があります。グループ内の飲食店で使える500円券が6枚綴りで年2回貰えるので6,000円分です。これを加味すると年利は10.1%〜10.6%に跳ね上がる。書いてて今気づいたけどすごい安くなってんな。

とは言うものの

「そもそも牛丼とか食べねーし」って人からすると得のようで得じゃない。毎回500円以内で済ませれば年間12回分の食費が浮くわけですが無理して牛丼やらハンバーガーを食べてたら意味ないですから気をつけましょう。あと無配当リスクと倒産リスクもお忘れなく。株主優待には他にも化粧品やらお食事券などありますが同じ事が言えます。

あ、そうそう選択式の優待についてもちょっと言っておこう。例えば大戸屋なんかは2,000円の食事券として使うか米を2キロを貰うか選べるんですがこの選択もなかなか微妙です。米が2キロで2,000円って高いと思う。だから金額だけを考えれば米を選ぶ事はないように思えます。が、食事券として使うと行く予定の無かった定食屋の食事が2回で終わってしまうわけでそう考えると2キロの方が良いのかなって思ったり。いや大戸屋行かないなら株買うなって話なんだけど優待マニアの知人が悩んでたもんで国内自給率を上げる為に色々と言いくるめる方便を考えた結果です。