読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰日向に咲く

レビュー 映画

陰日向に咲く、9つの花~勝てない僕らが咲けるまで~ [DVD]

陰日向に咲く、9つの花~勝てない僕らが咲けるまで~ [DVD]

前半の間延びっぷりはマジ死ねるかと思った!というか原作読んだはずなのに全部観終わってもピンと来なかった。ドロ子こと平山あやは芸能人としては脚が太いように見えました。振り向キッスで振り向くまでが意外と長かったんだけど絶対領域が広い!って思いましたもん。と言っても一般人女子よりは細いんでしょうけどイメージ的に華奢だと思ってたんで想像以上に萌えました。萌えるんかい。ギャップフェチなんで。

最後に伏線拾いまくるスタイルなのは原作読んだ時の記憶通りでうっかり泣きそうになるほどみんな渋い演技してた。西田敏行の軽い泣き笑いみたいなのはすごいね。活字にすると「へっ」って感じなのかなーちょっと違うなー。そんな短い発声なのに喜怒哀楽を微妙に織り交ぜてる感じがすごい。あと眼鏡をかけた宮崎あおいはウチの妹に似てる。出て来た瞬間に「ちょwwwおまwww」ってなった。まあ俺の似てるはアテにならないって良く言われます。