読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホゲームアプリ「鬼から電話」が微妙すぎる


困ったときの鬼頼み?! 小さなお子様をもつお母様に、とっても役立つアプリが登場!「おにから電話」を使えば、鬼やお化けから電話がかかってきて、お母様のしつけをサポートしてくれます。

「鬼から電話」無料スマホアプリ(Android/iPhone)|メディアアクティブ株式会社

これまあ使いたくなる気持ちはわかるけど安易に使っていいのかなあと心配になる。一応こうやって段階的に変化もする。
 →  → 
言う事を聞かない子への対策は鬼で親子のやりとりを想定した間を空けながら一方的に喋るだけなんだけどその辺は子どもにはわからないだろうから怖がらせて寝させるという目的達成は簡単だと思う。ただこれ俺みたいなワガママっ子には有効でも普通に繊細な子だと一生トラウマになっちゃうんじゃないか。
 → 
歯磨きしない子への対策はこの子。別にいいじゃんてきな流れで最後はこのオチ。大人でもちょっとやだ。

片付けをしない子への対策は掃除のおじさん。蜂をけしかけてくるんだけど掃除のおじさんを見るたびに蜂を警戒して泣く子どもになったら大変そう。

お子様が痛くて泣きやまない時に救急車で今から行きますから、みたいなノリなんだけどこれもうどっから突っ込めば。痛いとか泣くとかそもそも警告サインでその警告を強制終了しようという親はいるんだろうか。実際に救急車を呼ぶ時は緊急時だけどこの恐怖を思いだして体調が悪化とかしないのか。

薬を飲まない子への対策はお医者さん。注射の絵まで出て来る。よく「言う事聞かないとお医者さんにお注射してもらうゾ!」みたく言う親がいますけど予防接種の時どうすんだっていう。

アプリ自体が完全にアウトってわけでもなく自分の子どもをよく見て用法用量を守って使わないと余計めんどくさい事になりそうっていうはなし。このアプリ作ってるメディアアクティブはその辺を小さくでも書いておいた方がリスクヘッジになるんじゃないかな。
■関連