読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療費が高額になっても月8万どころか2万で済むケース

以下2つの記事を書いてきましたが続きがあったのでまとめます。

月収53万未満なのに高額療養費の上位所得者に該当するケース - CROOK
月収53万だと高額療養費制度の上限が倍になる - CROOK


目次

まず高額療養費制度のおさらい

高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)とは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。


高額療養費制度を利用される皆さまへ |厚生労働省

手術や入院したりして1ヵ月の医療費が30万(100万3割負担)かかったとしても8万(所得によっては15万)払えば後は補填してもらえるって話ね。詳しくは前々回エントリに書いてます。これだけじゃなかった。上記の制度で補填される部分は法定給付で健康保険組合によってはさらに付加給付を行っている。

付加給付のある健康保険組合

ざっと調べた限りだとこんな感じ。8万円どころか2万円ってとこもある。前回紹介した上位所得者の知人男性が以下の企業に所属していたら2万円で済んでいたわけですね!かわいそう!でも賞与年4回だから同情してあげない。上位所得者と区別している健保もあります。例えば東京都洋菓子健康保険組合は4万円って書いたけど上位所得者だと7.5万円です。

自己負担額2万円+α

たとえば一般の1人1ヵ月、医療費が100万円かかった場合
出版健保からの払い戻し額272,670円  自己負担額27,330円

出版健康保険組合 高額療養費制度

医療費が高額のとき(キャッシュ)

自己負担額4万円

2015年に予定されていた医療保険改革

また色々と変わるかもしれないけど今ちょうどグダグダになってるのでどうなる事やら。予定では上位所得者の対象が増える(月収53万未満でも上位扱いになる人が増える)ようなので所属健保の付加給付が変わらなければ負担額は増えなくてますます価値は高まりますね。

生命保険選びでも関係してくる付加給付



生命レディはほぼ確実にこの付加給付の存在を知っているはずですが加入している健保を尋ねられた人は少ない気がする。「入院したら医療保険がないと大変ですよ!」「高額療養費制度あるし」「それでも月8万ですよ!2か月で16万!」「ぐぬぬ…!」みたいな。けど上記の健保に入ってたら2か月でも4万ですよ。医療保障を厚くする必要性めっちゃ薄れる。まあ転職、解雇、倒産を考えたら無いのと同じですけども。